飾り線上

血液中のクレアチニンが多いということは腎機能が低下している事

飾り線下
肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質がふくまれていますし、ついついたべすぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多くふくまれています。

おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質が入っています。



クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿とともに体外へ出されます。
このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。
筋肉の量が減れば、クレアチニンの量も減少します。

この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病を患っていてもご飯療法が的確ならば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。

老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。


結構の精度で効力が発揮されれば、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせられるケースもあったりします。ご飯療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。ご飯療法については、患者が自ら積極性を持って実行できる一番の治療行為です。

人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまうのです。


なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。

体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30〜40gとなっています。



カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を含んだご飯を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水量・所要時間により相違します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去可能です。


小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。



ご飯で摂取したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。

しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らない所以にはいけません。

腎臓病におけるご飯療法の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、現在の健康状態のキープです。
透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。
この他、透析を要する状況となっても、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は重要視されます。


腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。

加えて尿とともに排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、増加する事態になります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。

ですから適正なご飯療法を行ない、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値摂りつづける必要があります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分に加えて水分の調整も必要になります。

こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品中にふくまれる全ての水分が該当します。



浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみで済みます。
水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。
脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるので自身のみの判断で制限をおこなうのは宜しくありません。腎臓病に悩まされる方にむけて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。


ご飯管理をつづけていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が悪化すれば、今よりも力を入れてご飯を調整する必要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー量にも制限が生じます。


独断でご飯プランを立てずに、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。




Copyright (C) 2014 腎臓病のクレアチニン値を下げる食事 All Rights Reserved.